鼻緒挿げ替え致します

お客様からのお話で数年前に買った
下駄の鼻緒が痛くて履いていないと
お聞きして下駄を見せて頂くと
すばらしい下駄の台でしたので、この下駄の台を使って
鼻緒のすげ替えをお薦めして挿げさせて頂きました。
塗り下駄 1 塗り下駄 2
元の鼻緒は細くてこちらのお客様には    ちょっとヨゴレがあったので
ちょっと痛いとの事でしたので太めの    丁寧に拭いていくとこの通り
鼻緒で挿げます。              ピカピカになりました。
塗り下駄 3
台の上に鼻緒を置いて柄や長さなど合わせて見ます。
塗り下駄 4 塗り下駄 5
鼻緒の挿げ替え完了しました。      鼻緒を変えるとこんなに全体の
                       印象が変わります。

鎌倉彫り 1 鎌倉彫り 2
こちらはカッコイイ鎌倉彫りです。       キレイに拭きます。
鎌倉彫り 3
  只今、挿げ替え中です。
この鎌倉彫りもステキな下駄になるでしょう。

みなさんも下駄箱に眠っている下駄はありませんか?
鼻緒を挿げ替えると履きやすくなりますよ。
(いなとく五代目)


【2008年07月19日】

いなとく五代目妻のゆかた

ゆかた、帯共に撫松庵です。
夏が近くなるといなとくではゆかたの着方教室をしていまして
五代目妻も時々お客さんと一緒に習っています。
五代目妻 ゆかた   五代目妻 ゆかた 後姿
この姿でスーパーに買い物に行く時があります。
お見かけの方はあたたかく見守ってやって下さい。
(いなとく五代目)


【2008年06月29日】

いなとくの下駄職人

いなとく呉服店に下駄の職人がいます。
わたくし、五代目の事です・・・。
お好みの鼻緒と下駄の台を選んで頂き
お客様の足のサイズに合わせて丁寧に挿げさせて頂きます。

五代目 下駄職人
先日のイベントで買って頂いた下駄を挿げている五代目。


現在お客様が持っている下駄や草履など
ちょっと窮屈で足が痛いので
鼻緒をゆっくり目にしてほしい・・・とか
持っている下駄の台に新しい鼻緒を挿げて欲しいなど
なんでもご相談下さい。
(いなとく五代目)


【2008年06月23日】

ゆかた・夏のきもの展の最終日

今日、23日までゆかた・夏のきもの展です。
20日から始まり、小さなお子さんとママが来店してくれて
買って頂いた甚平をその場で着てくれてとてもかわいかったり
着物で来店して頂いた方の着こなしに関心させられて
「やっぱり着物っていいなぁ~」とつくづく思ったりと楽しいイベントでした。
今日はどんな出会いがあるか楽しみです。
五代目の足元
いなとく五代目の足元です。
能登上布の縞に能登上布の縞の鼻緒の下駄。
そして麻襦袢、麻の半衿、麻足袋と麻尽くしです。
湿度が高くてじめじめしていたのですが、
やはり麻はサラッと着れていいです。
ただ、麻足袋が履きすぎて色あせてきました・・・。
(いなとく五代目)


【2008年06月14日】

一年に一度の親子旅行

お久しぶりでございます。五代目妻です。
この2,3か月事務業・主婦業に専念しており、ブログの更新を主人に
まかせっきりにしてしまいました。パパありがとう!
6月6日に保育所の親子旅行に行ってきました!親子遠足ですね。
雨がパラつきながらも、みんなで晴れる!って信じていしかわ動物園に行きました。
やっぱり雨でしたね。でもそれなりに子供達も喜んで見てまわれました。
家族で行く動物園もいいけど、保育所のお友達みんなで行くのも楽しいですね。
息子は、年長さんなので今年で最後の親子旅行になり、ちょっと寂しそうでした。
年長さんは行事が多いので、親子で楽しみながら頑張りたいと思います!
むすこたち
さて、どれがうちの息子でしょうか?
(いなとく五代目妻)


【2008年04月21日】

ご来店有難う御座いました

おかげさまで2周年祭が終わりました。
期間中は大勢のお客様のご来場があり本当に
おかげさまでと言う気持ちでいっぱいです。
感謝感謝です。有難う御座いました。

足袋のお誂えも「既製品だとちょっと合わないので・・・。」
といわれる方が多くて、何より自分の足に合わせて作るという事が
楽しみだと言われ喜んで頂けました。
足袋のお誂えをご注文して頂いた方、出来上がりを楽しみにしていて下さい。

フルオーダーお誂え
フルオーダー足袋の採寸。細かな所まで採寸します。
六代目 お誂え
こちらは六代目の採寸会。
職人さんの採寸をずっと見て採寸の仕方をほとんど覚えてました。
子供はよく見てますねぇ。
ただメジャーの使い方がメチャクチャですが・・・。

ちなみに五代目と五代目妻も職人さんに足袋の採寸方法を伝授してもらいました。
(いなとく五代目)


【2008年04月11日】

お誂え足袋

おかげさまで2周年祭始まりました。
足袋のお誂え会もしています。
目玉はセミオーダー足袋 白キャラコ、白ストレッチ
2足まで2,940円→2,000円です。
見本足袋       採寸台
セミオーダー足袋の型見本です。      こちらはフルオーダーの採寸台です。
1サイズにこれだけの型見本があります。
ほとんどの方はこの中でフィットします。
巨大足袋
こんな巨大な足袋もありました。スゴイ。
ジャストフィットの足袋は変な所にシワが出来ず
足元がキレイで気持ちいいです。
(いなとく五代目)


【2008年03月03日】

いなとく家の休日

三人で七尾線の電車に乗ってきました。
息子が1歳の時に地下鉄などに乗ったんですが、もちろん記憶にないらしく
「初めての電車だあ!」と大興奮でした。
最寄の金丸駅から七尾駅まで約20分。あっというまでしたね。
主人はとても喜ぶ息子の顔を見て、ずっとうれしそうな顔をしていました。
その二人の顔を見て私の顔もにやけていたんでしょうね。はずかしい…。
駅のホームにて
息子は七尾までが近かったので、「次は、京都に行きた~い!」と
叫んでおりました。サンダーバードに乗って車内販売でお菓子を買ってみたいらしいです。
京都、サンダーバードかぁ…息子がもう少ししっかりしてくれるまで無理だなぁ。
昨日は、本当にいいお天気でお散歩・電車日和でした。
皆さんはいかがお過ごしでしたか?
(いなとく五代目妻)


【2008年02月23日】

ゆかたの受注会

へ行ってきました。2月の初旬の事ですが・・・。
当日は京都も雪がちらついていて寒い日でした。


毎年の事ながら冬に夏の着物を注文するので頭の切り替えが
難しく、この日だけは頭の中を夏使用にして発表会の会場へ。

何件か発表会の会場を見て来たのですが少しだけご紹介します。

見本生地
組曲、23区などのオンワード樫山さん。
今年は染橘香(そめきっこう)のブランドを江戸ゆかたの名門「三勝」と
コラボレーションして本格派のゆかたを作りました。
写真は昭和八年に染められた本物の貴重な生地見本です。
当時の受賞柄で、こういった柄をモチーフにして作られています。
カゴ染め
こちらは東京染めの竹仙さん。
カゴ染めと呼ばれる技法でエッチングされた回転する二個のローラーの間に生地を通し
リバーシブルに染付けされます。大正時代よりつづく染色法です。

一言でゆかたと言っても各メーカーさんによって様々です。
ただ、ゆかたはなぜかワクワクします。
今年も花火大会へ行きたいです・・・。
(いなとく五代目)



【2008年02月22日】

かばんの会

始まりましたよ!お天気もいいし気持ちいいですね。
今回本当にいろんなかばんが集まりました。
私は正直着物よりかばんなど小物の方が楽しいです!
お客様にもとても喜んでいただいてます。
喜んでいただけると本当にうれしいです。
皆さんもよかったら見に来てくださいね。
かばんたち
温泉バックほしいな~。
(いなとく五代目妻)


1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9| 10| 11| 12| 13| 14| 15| 16| 17| 18| 19| 20| 21| 22| 23| 24| 25| All pages